過去ログ:
キーワード 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 | 3 |
「野山に咲く花」公開情報

府中浅間山(せんげんやま)ではキンラン、ササバギンランが盛り、ムサシノキスゲも咲きだしました。

ここをクリック ↓

http://miura7.la.coocan.jp/videos/2018-08.html

三浦 訖 2018/05/01(Tue) 09:13 No.7171
⇒ 「野山に咲く花」公開情報 続   三浦 訖
今年度の「野山に咲く花」で使用した写真をそれぞれ十数枚まとめてみました。

ここをクリック ↓

http://miura7.la.coocan.jp/photo/photo-index.html

2018/05/01(Tue) 09:24 No.7172
⇒Re: 「野山に咲く花」公開情報   suzuki
 三浦 様

三浦様の2002年以後の「野に咲く花」を順次見ています。私も昔のようには歩けなくなったので
行った所、行ったことのない所の花を名前を当てながら思い出したり楽しんだりしています。撮った花の写真を音楽と共に色々編集するのは大変だと思いますが、これからも続けて我々を楽しませてください。
2018/05/01(Tue) 10:37 No.7173
⇒ 「野山に咲く花」公開情報 続   三浦 訖
suzuki さま

いつも克明につたない「野山に咲く花」をご覧いただきありがとうございます。suzuki 様のように植物についての学問的な記述もなく単に目に留まった見栄えのする花々をカメラに収めただけの記録で、しばしば和名の間違いなどを指摘されてその都度小さくなっています。高校生のころから「無線と実験」や「電波科学」といった系統の雑誌に読みふけっていて動画の作成は苦になりませんが植物については観察会の都度皆様に教わることばかりです。suzuki 様のように小山田緑地などの学術的研究・観察は私にとっては高根の花とあきらめています。まあ「間違いさがしのホームページ」と思ってお許しください。
2018/05/01(Tue) 11:03 Home No.7174
4/30大型連休高尾山散策

ヤマシャクヤク
今年は花の咲くのが早いのですが、ここだけはまだヤマシャクヤクが咲き残っているので、10人以上の人が集まっていました。

kitagawa 2018/05/01(Tue) 12:23 No.7175
⇒Re: 4/30大型連休高尾山散策   kitagawa
オウギカズラ
5月の高尾山を代表する花だと思っていますが、もう咲き出していました。

2018/05/01(Tue) 12:25 No.7176
⇒Re: 4/30大型連休高尾山散策   kitagawa
タチガシワ
タチガシワの群生しているところを、出会った人に教えてもらいました。もう、花が終わっている株もありました。

2018/05/01(Tue) 12:27 No.7177
清里の花

コイワザクラを見に4月末に八ヶ岳清里に出かけた。清泉寮周辺の自然歩道Cを川俣川に下っていくと途中に水のしたたる岸壁があり、ここにピンクのコイワザクラが咲いていた。

ムラキ タカムラ 2018/05/01(Tue) 20:26 No.7178
⇒Re: 清里の花   ムラキ タカムラ
白花もある。 葉が1/3ほど割けるものはクモイコザクラと云う(日本の野生植物III p 22 平凡社)

2018/05/01(Tue) 20:32 No.7182
⇒Re: 清里の花   ムラキ タカムラ
川沿いの散歩道をすすむと 白い花をつけた草丈10cmほどの弱弱しい草をみつけた。 花弁は細く6枚、先は凹まないなどから ヒゲネワチガイソウと考えました。

2018/05/01(Tue) 20:41 No.7183
山梨にて

初めてクモイコザクラを見ました。まだ咲き始めで、高い所に数株しか確認できませんでした。

S.N 2018/05/01(Tue) 20:28 No.7179
⇒Re: 山梨にて   S.N
昨年は、寒くて、まだ咲いてなかったのですが、今年はたくさん見られました。キスミレです。

2018/05/01(Tue) 20:30 No.7180
⇒Re: 山梨にて   S.N
同じく今年は見られたヒメスミレサイシンです。

2018/05/01(Tue) 20:32 No.7181
井之頭公園の花

ムサシノキスゲが咲いていました。

ura 2018/05/01(Tue) 21:23 No.7184
⇒Re: 井之頭公園の花   ura
カザグルマです

2018/05/01(Tue) 21:25 No.7185
多摩川河川敷の植物等

私は植物観察の際撮りためた写真を通常動画にしてYou Tube に投稿保存していますが、その準備として収納する植物の写真を1種一枚づつ自分のホームページに掲載しています。先日の多摩川の観察会は残念ながら雨で中止になりましたが自宅から1時間足らずの場所なのでどんなところか行ってみました。木陰ひとつない広大な河原に雑多な植物が繁茂しており何が何だかわからぬままに暑さの中2度に分けて訪れ20種余り撮影しましたが、動画は構成に時間がかかるのでとりあえずた写真だけを並べてみました。ボタンをクリックすれば1分間で見られます(この掲示板にも即座に戻れるようボタンを用意しました)。

野山に咲く花2018-09 写真集 多摩川河川敷 初夏 ↓をクリック

http://miura7.la.coocan.jp/photo/2018-09tamagawa-shoka/000top.html

三浦 訖 2018/05/03(Thu) 11:23 No.7186
浅間山公園

久し振りにムサシノキスゲを見に浅間山公園へ行きました。キンランやギンランもたくさん咲いたようですが、もうほとんど終わっていました。

マコ 2018/05/03(Thu) 14:20 No.7187
⇒Re: 浅間山公園   マコ
嬉しい発見。小さな小さなウメガサソウを見つけました。草丈5センチくらいなのに花をつけていました。この公園では初めて見ました。

2018/05/03(Thu) 14:23 No.7188
芽吹きの山(新潟)

◎坂戸山 大城付近のカタクリは利根川源流の大水上山方面の風景とマッチしてきれいでした。

YAMABIKO 2018/05/03(Thu) 21:09 No.7189
⇒Re: 芽吹きの山(新潟)   YAMABIKO
◎坂戸城址 家臣屋敷跡のカタクリは以前より多くなっていると感じました。ミチノクエンゴサクも咲いています。

2018/05/03(Thu) 21:11 No.7190
⇒Re: 芽吹きの山(新潟)   YAMABIKO
◎守門岳 ブナは“峰走り”の最中、若葉がキレイでした。

2018/05/03(Thu) 21:14 No.7191
⇒Re: 芽吹きの山(新潟)   YAMABIKO
◎粟ヶ岳 (キスミレ)ショウジョウバカマ、イワウチワ、キクザキイチゲ、バイカカオウレンなどが咲き、カタクリは小型でした。

2018/05/03(Thu) 21:18 No.7192
⇒Re: 芽吹きの山(新潟)   YAMABIKO
◎粟ヶ岳 Mさんから“アワガタケスミレ”が咲いているとお聴きし、葉は「三角形、切形、光沢があり葉脈が目立つ」との特徴をインプットして出掛けましたが、勉強不足でナガハシスミレとの違いは分かりませんでした。

2018/05/03(Thu) 21:24 No.7193
⇒Re: 芽吹きの山(新潟)   三浦 訖
YAMABIKO様

2年前に行ったことのある(と記憶していますが思い違いかもしれません。ちかごろだいぶ○○てきましたので)坂戸山の風景と花々の写真を見せていただきありがとうございました。自然界に咲く花々は生き生きとしていますね。

追伸
いま調べてみたら2年前でなく3年前に木川発夫先生ご指導の友の会観察会で訪れていました。やはりだいぶ○○てきていますね。お騒がせしてすみません。

http://miura7.la.coocan.jp/videos/2015-12.html
2018/05/04(Fri) 12:16 No.7196
H30年度定期総会

 ゴールデンウイークも後半に入りましたが、皆様からのお花の便りが続々届いております。
掲示板も百花繚乱!ありがとうございます。

〇お願い
 皆さまのお手元に「植物の友」5月号と一緒に総会のハガキが届けられていると思います。
ご出欠にかかわらず、5/10まで必ず捺印の上、ご返信くださいますようお願いいたします。

事務局 有馬麗子 2018/05/03(Thu) 21:28 No.7194
⇒Re: H30年度定期総会   三浦 訖
有馬麗子様

いつもお世話になります。
昨日封筒から会報を取出し封筒はぽんと本棚の上に置いたままでしたが今掲示板を見てあわててもう一度封筒の中を調べたらハガキがちょこんと奥に入っていました。もうすこしで見逃すところでした。
2018/05/04(Fri) 12:21 No.7197
⇒Re: H30年度定期総会   事務局 有馬麗子
三浦 訖さま

 三浦さまの云われるとおり、会報のみを取り出してしまいますと、封筒の中にハガキが残ってしまいます。是非、封筒の中のご確認お願い致します。
三浦さま、ありがとうございました。
2018/05/04(Fri) 22:30 No.7198
ホームページ更新情報

野山に咲く花 2018-09多摩川河川敷 初夏(同名の写真版を動画化―21分)

↓をクリック
http://miura7.la.coocan.jp/videos/2018-09.html

Avena fatua カラスムギ 烏麦 イネ科 カラスムギ属(アウェナ)
Thesium chinense カナビキソウ 鉄引草 ビャクダン科 カナビキソウ属(テシウム)
Stellaria aquatic ウシハコベ 牛繁縷 ナデシコ科 ハコベ属(ステラリア)
Ranunculus silerifolius var. glaber キツネノボタン 狐野牡丹 キンポウゲ科 キンポウゲ属(ラヌンクルス)
Chelidonium majus subsp. Asiaticum クサノオウ 草の黄 ケシ科 クサノオウ属(ケリドニウム)
Sisymbrium officinale カキネガラシ 垣根辛子 アブラナ科 キバナハタザオ属(シシンブリウム)
Potentilla hebiichigo ヘビイチゴ 蛇苺 バラ科 キジムシロ属(ポテンティラ)
Trifolium dubium  コメツブツメクサ 米粒詰草 マメ科 シャジクソウ属(トリフォリウム)(帰化)
Glechoma grandis カキドオシ 垣通 シソ科 カキドオオシ属(グレコマ)
Erigeron philadelphicus ハルジオン 春女苑 キク科 ムカシヨモギ属(エリゲロン)( 帰化)
Hemisteptia lyrata キツネアザミ 狐薊 キク科 キツネアザミ属(ヘミステプタ)(帰化)
Picris hieracioides subsp. Japonica コウゾリナ 剃刀菜 キク科 コウゾリナ属(ピクリス)
Ixeris japonica  オオジシバリ 大地縛 キク科 ニガナ属(イクセリス)
Taraxacum platycarpum  カントウタンポポ 関東蒲公英 キク科 タンポポ属(タラクサクム)
Juglans mandshurica var. sachalinensis オニグルミ 鬼胡桃 クルミ科 クルミ属(ユグランス)
Rosa multiflora ノイバラ 野薔薇 バラ科 バラ属(ロサ)
Ligustrum obtusifolium イボタノキ 水蝋木 モクセイ科 イボタノキ属(リグストルム)  
Delphinium anthriscifolium セリバヒエンソウ 芹葉飛燕草 キンポウゲ科 オオヒエンソウ属(デルフィニュウム)(帰化)
Vicia villosa subsp. Varia ナヨクサフジ 弱草藤 マメ科 ソラマメ属(ウイキア)(帰化)
Geranium carolinianum アメリカフウロ 亜米利加風露 フウロソウ科 フウロソ属(ゲラニウム)(帰化)
Oenothera rosea アカバナユウゲショウ 赤花夕化粧 アカバナ科 マツヨイグサ属(オエノテラ)(帰化)
Nuttallanthus Canadensis マツバウンラン 松葉海蘭 オオバコ科 マツバウンラン属(ナトーラントウス)(帰化)
Veronica anagallis-aquatica オオカワヂシャ 大川萵苣 オオバコ科 クワガタソウ属(ウェロニカ)(帰化)
Plantago lanceolate ヘラオオバコ 箆大葉子 オオバコ科 オオバコ属(プランタゴ)(帰化)
(蝶) Lycaena phlaeasベニシジミ シジミチョウ科 4、6、7、10月(食)ギシギシ、スイバ等
(蝶) Ypthima argus ヒメウラナミジャノメ 姫裏波蛇目 ジャノメチョウ科 5〜8月

三浦 訖 2018/05/04(Fri) 12:09 No.7195
早野に行ってきました。

オカタツナミソウがきれいでした。

ura 2018/05/06(Sun) 21:35 No.7199
⇒Re: 早野に行ってきました。   ura
ウグイスカグラの果実が見事でした。

2018/05/06(Sun) 21:36 No.7200
筑波山の花

5月8日に筑波山に行きました。
ホシザキユキノシタが咲いていました。

松野 2018/05/08(Tue) 21:48 No.7201
⇒Re: 筑波山の花   松野
ユキザサです。

2018/05/08(Tue) 21:53 No.7204
⇒Re: 筑波山の花   松野
ツリバナの花が咲いていました。
天気がいまいちでしたが、そのおかげで見られた表情でした。

2018/05/08(Tue) 21:56 No.7207
⇒Re: 筑波山の花   松野
ヒイラギソウが見頃でした。
群生している様子は、とっても綺麗でした。
雨で跳ねた泥がついているのも趣があります。

2018/05/08(Tue) 22:02 No.7208
⇒Re: 筑波山の花   松野
ツクバネソウも咲いていました。
この日は肌寒く、霧に覆われていましたが、なんとか天気がもって、いろいろ観察できました。

2018/05/08(Tue) 22:07 No.7209
長崎県の雲仙に行ってきました。

GWに長崎県の雲仙に行ってきました。あいにくの雨でしたが、雲仙地獄(温泉ガスの噴気孔があるところ)は、ミヤマキリシマとシロドウダンが満開でした。

HM 2018/05/08(Tue) 21:48 No.7202
⇒Re: 長崎県の雲仙   HM
シロドウダンは少しピンクのものもありました。

2018/05/08(Tue) 21:51 No.7203
⇒Re: 長崎県の雲仙   HM
白く変色している土は酸性ガスの影響で変質しています。そのまわりまで、ミヤマキリシマとシロドウダンが生えています。

2018/05/08(Tue) 21:53 No.7205
⇒Re: 長崎県の雲仙   HM
噴気孔の近くに背の低い草が生えていました。ツクシテンツキだと思います。特徴的な植生なのか、ビジターセンターのパンフレットも充実していました。

2018/05/08(Tue) 21:56 No.7206
平成30年度 定期総会

〇お願い
 皆さまのお手元に「植物の友」5月号と一緒に総会のハガキが届けられていると思います。
決議の内容によっては、2/3以上の議決が必要となります。今一度、封筒の中をご確認の上、ご出欠にかかわらず、5/10まで(必ず捺印)ご返信くださいますようお願いいたします。

5/11現在、委任状の数が足りず総会が成り立たない状況です。
事務局員からお願いの電話をいたします。
ご返送済みの場合は、ご容赦願います。

事務局 有馬麗子 2018/05/09(Wed) 10:04 No.7210
⇒Re: 平成30年度 定期総会   事務局 有馬麗子
◎事務局員からの電話への丁寧なご対応ありがとうございました。
お陰様で議決に必要な2/3以上のおハガキの返信がありました。本当にありがとうございました。
 欠席のハガキを出された方も当日は、大切な議案もありますので、是非ご出席いただきたく重ね重ねお願い申し上げます。
2018/05/15(Tue) 09:39 No.7224
行事のご案内

◎日曜観察会

菱山先生のご案内で、小石川植物園の初夏の花々を散策いたします。
会員外のご参加も大歓迎です。

事務局 有馬麗子 2018/05/11(Fri) 21:53 No.7211
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
 怪しげな天候を気にしながらも大勢のご参加ありがとうございました。

本日の講師は、トレードマークの赤い帽子の菱山先生です。

◎ヒゼンマユミ
 日本(本から琉)、朝鮮に分布し、絶滅危惧1B類に指定されているようです。

2018/05/14(Mon) 09:34 No.7214
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
◎キクノハアオイ
 北アメリカから熱帯アメリカ原産で、1913年最初に横浜市で見いだされたようです。
小石川植物園を訪れるたびに気になっていた植物で、繁殖力も旺盛です。

2018/05/14(Mon) 10:31 No.7215
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
◎ハタケニラ
 明治以降、園芸用として導入されたようですが、繁殖力旺盛で、完全除去は難しい困った植物のようです。
でも…何となく風情がありますね。

2018/05/14(Mon) 10:39 No.7216
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
◎イイギリ 雌雄異株
 参加者のお一人が「あちらの方に花がありますよ」と、お声をかけてくださり、全員で移動。
「わー素敵!」黄色の花の絨毯です。
上を見ると、雄花序がいっぱい垂れ下がっています。やや後半の花でしたが、この時季ならではの光景に大感激!ありがとうございました。

2018/05/14(Mon) 10:46 No.7217
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
◎シセンテンノウメ(四川天の梅)
 バラ科の植物で、漢字表記ですと解りやすいですね。この頃から、ジーと耐えていたお天気もポツリポツリと。

2018/05/14(Mon) 10:57 No.7218
⇒Re: 行事のご案内   事務局 有馬麗子
◎傘の花
 出口近くになって、本降りです。
菱山先生の優しい語り口と懇切丁寧なご説明に大満足の一日でした。
撮影者の目もぶれ始めましたので、この辺で。
最後までお付き合いを頂き、重ね重ねありがとうございました。

2018/05/14(Mon) 11:04 No.7219
身近な植物

5/14 某駅前に生えていたチチコグサです。
ウラジロチチコグサやチチコグサモドキはよく見ますが、
なかなかチチコグサを見たことがありませんでした。
久しぶりに見つけられて嬉しかったので投稿しました。

松野 2018/05/14(Mon) 20:52 No.7220
⇒Re: 身近な植物   松野
ムラサキカタバミです。
スカイツリーと背比べするように、花茎を天に向かって伸ばしていました。
私は最近、希少種ばかりに目が行っていましたが、
改めて見ると、身近な植物も魅力的ですね!

2018/05/14(Mon) 21:00 No.7221
タンザワウマノスズクサ

この花も今年は早い開花で、あるポイントではすでに実になっていました。(5月12日撮影)
筑波山では、タンザワウマノスズクサが分布していますが、県北に行く間のとこかでオオバウマノスズクサに変わっているようですとのお話を博物館から伺っています。

S.N 2018/05/14(Mon) 22:46 No.7222
⇒リュウキュウウマノスズクサ   S.N
今年2月に沖縄で見たリュウキュウウマノスズクサです。見比べると花の特徴がわかりやすいです。

2018/05/14(Mon) 22:49 No.7223
草莽庭の仲間たち

 どちらの庭にも、バラの花が満開に咲き誇っています。

◎モーツアルト(バラ科バラ属)
 ドイツで作出された品種で、オーストリアの作曲家モーツアルトへの献名だそうです。
我が草莽庭にも、アイネ・クライネ・ナハト・ムジークの曲が流れてきそうです♪

事務局 有馬麗子 2018/05/15(Tue) 11:07 No.7225
バス観察会

◎晴天に恵まれ、満席のバスは10時半過ぎ、上信越高原国立公園 離山公園へ到着。

本日の講師は山田先生。カメラを手に観察会スタートです。
最初のお出迎えは、枯葉の下からニョッキリと顔を出したアミガサタケです。

事務局 有馬麗子 2018/05/17(Thu) 11:04 No.7226
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎シロバナエンレイソウ 別名:ミヤマエンレイソウ
内花被片がほんのりと紅紫色を帯びています。

2018/05/17(Thu) 11:10 No.7227
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎ルリソウ
本日の観察会の目的の一つであるお花です。
色彩心理としての青色は、精神的に落ち着かせる作用があるらしいのですが、同じ青でもるり色となりますと…落ち着きません。手がふるえています…しばし興奮さめやらず…シャッター音。

2018/05/17(Thu) 11:37 No.7228
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎緑色の木々とヤマツツジのオレンジ色の対比がいいですね、

2018/05/17(Thu) 11:43 No.7229
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎サクラソウ
頂上(標高1256m)近くになるとサクラソウの花が今が盛りとばかりに咲き誇っています。

2018/05/17(Thu) 11:48 No.7230
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎ミヤマウグイスカグラ
昼食後、全体的に腺毛が多いミヤマウグイスカグラと別れを告げ、きつい階段を下りながらサクラスミレやオオミズアオの昆虫などなど、カメラにおさめて、注意をしながら下山します。

2018/05/17(Thu) 11:59 No.7231
⇒Re: バス観察会   事務局 有馬麗子
◎ミヤマザクラ

たくさんの花々を観察し、何事もなく無事終えることができました。
ありがとうございました。

※撮影された植物の花が、ダブっても構いません。
 是非、ご投稿お願いします。

2018/05/17(Thu) 12:04 No.7232
5/16軽井沢離山のスミレ

タチツボスミレ
5/16バス観察会で出会ったスミレを3種。最初はタチツボスミレ。わざわざ軽井沢まで来て、どこにでもあるタチツボスミレを撮ることはないのですが、ついシャッターを押しました。

kitagawa 2018/05/17(Thu) 16:14 No.7233
⇒Re: 5/16軽井沢離山のスミレ   kitagawa
ホコバスミレ
スミレの変種。標高1000〜1500mの高地などで見られる。葉が鉾形になるところから名付けられた。花が終わっていたのが残念ですが。

2018/05/17(Thu) 16:18 No.7234
⇒Re: 5/16軽井沢離山のスミレ   kitagawa
サクラスミレ
すみれはこの時期、もう終わっているものと思われましたが、意外に比較的フレッシュなサクラスミレを観ることができました。

2018/05/17(Thu) 16:22 No.7235
⇒Re: 5/16軽井沢離山のスミレ   事務局 有馬麗子
kitagawa 様

 スミレ類はいつもボケボケになってしまいます。
とても素敵なスミレたちです。ありがとうございました。
2018/05/18(Fri) 09:40 No.7236
Page: | 1 | 2 | 3 |

(C)日本植物友の会

- JoyfulNote -